ミラー交換


ミラーの形がST250に似合ってなかったのと車幅以上の出っぱりが大きく
すり抜けの時に車のドアミラーに当たりそうなので変えました。


これが標準    交換後
  

んで、こうなりました。

タナックスの通称ナポレオンミラーです。このサイトの楕円のクラシカルミラー
URLが全角カナでちょっとびっくり&web作成者の意図が知りたくなりますね。

30分ほど悩んだのは丸(トラッドミラー)とネイキッドミラーでした。
結局、ネイキッドは今のと同じ形だし、角か丸かで間を取って中間の楕円に決定。。。
小型な長方形のストリートミラーの形も良いんですが、ミラーステーが短くあまり実用性がありません。
ステーをそのまま残してミラー部分だけで交換できるようなので楕円に飽きたら変えようと思います。

形は思った通りでST250に似合ってるんですが、視認性は写真の位置だと
自分の身体が鏡面に入ってしまいあまり良くありません。
ミラー部をもう少しステーの外側に移動させようと思います。

※純正ミラーを外す時にはブラストバリアー風防を外さないとミラーステーが引っかかってしまうので
 いったん取り外しました。
 ミラーのネジサイズは10mmタイプです。また取り付け時は14mmのスパナが必要です。



--------2007.5.4 更新-----------

ミラーを買い換えました。前のは↑に書いてあるとおり

この楕円です。

振動によるブレ対策のため先っぽにおもりを付けてあります。




買い換え候補は同じくタナックスのこの3点です。
ブレードステーミラー エーゼットツーミラー ネイキッドミラー

ブレードステーミラーとネイキッドミラーは衝撃を緩和する安全機構「ターナー」を装備しているようで、人とか何かがぶつかった時に安全のため動くようです。
車のドアミラーと一緒ですね。
この「ターナー」が付いてると軸が単純な棒ではなくてごっつくなってます。
実際に見てきましたがブレードステーミラーの軸はかなり強そうですし、手に持った感じではエーゼットツーミラーより重くて振動には良さそうです。
しかしミラー面の形がいびつでちょっと見にくいと思い、エーゼットツーミラーにしました。

エーゼットツーミラーは
大人気のエーゼットミラーを、新基準に適合! 面積を一回り大きくしました。
ミラーステーも一回り太くなり、重量感がアップ!


ということで、今までのラインナップ製品よりちょっとだけ大きくなっています。

ところで、その「新基準」というのは
平成19年1月1日以降に製作された自動車(自二輪車及び軽二輪車)に備える後車鏡は、下記の規定(一部のみ要約)に該当するものは保安基準適合外となり、公道での使用、および車検には対応できません。
●鏡面の面積が69cm2未満であるもの。
●円形の鏡面は、鏡面の直径が94mm未満のもの。または150mmを超えるもの。
●円形以外の鏡面は、鏡面に直径78mm未満の円が内包できないもの、または鏡面が縦120mm、横200mm(または逆)の長方形に内包できないもの。
●歩行者等に接触した場合において、歩行者等に傷害を与える恐れのあるもの。


だそうです。現行のST250はどーなってるのでしょうかね?

話を戻します。
前回も候補となってまた落選してしまったネイキッドミラーなんですが、一番価格が高いのと他の2品は今年の春に出たばかりみたいなので新しいのが良いと思いまたまた候補から外しました。

重さは前の楕円ミラーは295g+おもり63gで358g。 新しくなったエーゼットツーミラーは385gありました。
軸の太さは10mm→11mmになってるので、振動にも良いかも知れません。


取り付けのナットですが一回り大きくなっていて、17mmスパナで固定します。(前のは14mmスパナでした)
またまた位置合わせで苦労しそうです。


↑TOP




広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー