イリジウムプラグの取り付け


某スレでホットワイヤーと共に話題になっていたイリジウムプラグを取り付けました。
某トヨタグループで儲かりすぎているデンソー製のIX22で
税別定価\2,000で購入はレーシングワールドで税込\1,680でした。
デンソーがイリジウムプラグの元祖のようですが、NGK(日本特殊陶業)も同じような物を出しています。
NGKなら型式DR8EIX(税別定価\1,600)です。
何故高いデンソーのプラグににしたのかは、デンソー曰く
中心電極に世界最小の(※1)極細0.4mm径イリジウム合金中心電極を採用した新世代高性能プラグです。
ということだからです。
まっどっちでもよかったから良い方という事ですね
ST250用のプラグの取り付けネジ径は12mmと六角二面幅は19mmです。

サン工業のホットワイヤーはお店で定価販売(\7,500)だったのと
費用対効果がイリジウムプラグと比べて???なのでちょっとやめました。


まずはプラグコードを手ではずします。
被さっているだけですからプラグの頭のところをこじると取れます。



プラグコードを取った状態です。
プラグは深い位置に付いてます。



プラグは簡単なガムみたいな箱でした。







手持ちの車用のプラグレンチでは径が合いませんでしたので
オクで工具セットを仕入れました。ボルティー用です。
19mmのプラグレンチだけだと\700で買えますが、
他の工具ももしかしたら使うかも知れないので落札しちゃいました。



スズキ純正車載工具のプラグレンチです。



ドライバーの軸をプラグレンチに組み合わせて使います。



堅くて取れないから、また別のを組み合わせてトルクをより多く掛けられるようにしました。



取ったプラグです。焼け具合は・・・???



はじめから付いてたプラグはNGKのDR8EAでした。
この熱価番号だとデンソーのイリジウムはIX24ですねw
デンソーのwebだと対応はIX22だったのに… もう買っちゃったので仕方ありません。
熱価が1番違うとどんな不具合があるのかな?



取付は出っ張りのキャップネジを外します。
ここがプラグレンチのゴム穴にはまり取り付け時に抜け落ちないようになります。



エンジン側のプラグホールです。
デンソーのwebには、付ける時はゴミが入らないように清掃しろ! と書いてありましたが
綺麗でしたのと清掃したらゴミが入りそうなのでやめました。




こうやってセットして、手で止まるまで締め込みます。
ぜったいに斜めにねじ込まないように細心の注意が必要ですね。
手で締め付けた後はここに書いてあるように、12mmですから1/3回転を工具で締め付けます。

作業時間20分でした。

感想
盆明けから週末は天気が悪い日が多くて10日ぶりに乗ったのでわかりませんw
たぶんトルクが上がったように感じます。


■2005.9.17追記
9/10にプラグを正規の熱番(デンソーの型式:IX24)のものに変えました。
不具合はなかったのですが精神衛生上ですか。。。


↑TOP




広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー