シガーソケットの変更とiPod nanoのビデオカメラ用固定方法

いままでiPod nano の第三世代を使ってましたが、とうとう壊れたために7月に第五世代のnanoに買い替えました。
このモデルはなんとビデオカメラや歩数計・FMラジオやボイスレコーダー等が付いていてかなりの高機能です。
試しに自動車でビデオ撮影をしましたが小型なのになかなかキレイに撮れるため、バイクで固定できないかやってみました。
写真は撮ってませんが、お盆休みに最初に固定ステーを作った時はステーの強度がなかったため、振動でブレブレの映像となってしまったため、再度作り直ししました。

RAMマウントの横型ホルダーの使っていないビス穴を利用してステーを組み上げました。
横型ホルダーは通常はこれと上下が逆さまに使いますが、それだと上方向に開くようになるためiPodのステーと干渉していまうので、わざと下方向に開くよう逆に付けました。



ちょっと見にくいですが、スピードメーターの上にあるのが今回作ったiPod用固定ステーです。
保護のため厚さ5mmのスポンジを巻いています。



ナビ(ソニーのNAV-U35)の右上に固定します。
固定はベルクロ(マジックテープ)でしますので簡単に着け外しが出来ます。

ちなみにこのナビは夏場だと暑さによる内部保護のために勝手に放電したり、画面のスクロールが使いにくいので、良いのが出ましたら買い替える予定です。
画面スクロールはサンヨーのゴリラが使いやすいと思います。


nano君のカメラです。



あとシガレットのソケットがカバーが取れたりしましたので、買い替えました。
固定も今まではヘッドライトステー裏側だったのを、フロントフォーク上部に変更しました。
フロントフォークにソケットの間にゴム板を挟んで、屋外で切れたりしないように耐候性の結束バンド3本で固定しました。



電源はこーいうUSB給電のプラグトを使ってます。最近のものはUSBで充電できるため大変便利です。
ソニーのU35ナビは500mAですと電圧が弱く充電できないため、1,000mAが給電できるプラグを用意しました。


iPodのビデオ録画は1時間くらいしか電池が持たないので、おもにiPodを充電しています。


↑TOP




広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー