ウインドスクリーンの取り付け


更新してなかったのですが、先週にウインドスクリーンを付けました。
候補は、GIVIガイラシールドブラストバリアーだったのでしたけど、
もともとそんなに風を防御したくないのと小型タイプがいいと思っていたので
ブラストバリアーにしました。
デイトナの型式はクリアーが47621でスモークが47622 どちらも定価\14,700 (\14,000)です。
カタログにST250の項目はないんですがスズキはこの型式しか該当しないので正解でした。

まっ、ガイラ以外はデイトナさんがやってるようなんで良いかと。。。
GIVIは形がでかすぎでガイラは高かったので却下です。



2005.9.10に取り付けました。
箱です。清純なSTに似合うクリア色にしました。



取り付けはいたって簡単です。
ポリカーボネート製のスクリーンをヘッドライトステーに噛ましたスクリーンステーに付けるだけです。



できました。


ちょっと走ってみましたが面積が狭いので風の防御はあまりありません。
何も無いよりはまだましという感じです。
でかいスクリーンにすれば確かに良いのですが、見た目のかっこよさとの兼ね合いでは
この大きさが最適だと思います。


■2005.10.11追記
なんとなくですが…
今まで時速80km/h巡航がちょっと辛かったのですが平気になりました。
90km/h超えでその感覚(辛い)なので速度感が10km/h少々ほどずれて来たようです。


↑TOP




広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー